草食系男子からのメール返信の仕方とは?

草食系男子からのメール返信は?

草食系男子とのメールの仕方

連絡を取る手段の1つに、メールやLINEが
ほとんどになったと言っても過言ではないほど、
大変普及してきました。

 

電話であれば、すぐに相手の反応を聞くことができ、
どんな対応をすべきか分かるのに対し、メールやLINEは
文字で伝えるので、相手が読み返したり、内容を
忘れない、という利点があります。

 

また、LINEは”既読”となるので、相手がちゃんと
読んだかどうかがわかります。

 

これらのツールをうまく利用して、相手とコミュニケーションを
とらないといけません。

 

では、草食系男子への場合はどうすれば良いでしょうか?

 

もちろん、伝えたいことを送ればいいのですが、
その際に必要なのが「返事をしたくなる内容」ということです。

 

ここで間違っていけないのは「返事をしなければいけない内容」
ではないということです。

 

女性同士であれば、日常会話のようなメールでもメールや
LINEは成り立ちます。

 

しかし、相手が男性であるとそうはいかないのです。

 

男性の性質的に、会話は返答・回答が必要なもの、
と解釈するのです。

 

つまり、言われたこと・話されたことに対して、
何か返さないといけない、と感じるのです。

 

では、質問形のメールばかりでないといけないのか
、となりますよね?

 

それだと事情聴取のようで、男性からすると重いと感じて
しまいますから、その点も注意が必要です。

スポンサーリンク

草食系男子へのメールの例文

では、どういった内容で送ればいいのでしょうか?

 

例えば、外出したことを伝えたいけどそれだけで
メール送れない…なんてことありますよね。

 

女性同士であれば、
「今日、前に話してた○○へ行ってきたよ!すごく楽しかったよ〜」

 

などと簡単に送れますし、その返事も
「へぇ!じゃあ、私も今度行ってみようかなぁ。」

 

と、本当に行くかどうかは別として、メールをくれた相手に
自分も同じような気持ちになったことを伝えます。

 

しかし、同じ文章を男性に送っても、男性であれば
「へぇ。よかったね〜」

 

で終わるのです。もしくは、相手の気持ちを受け止めても
返事をしないのです。

 

なぜかわかりますか?

 

聞かれていないから、答えないんです。

 

では、どういう文章であれば返事があるのでしょうか。

 

「今日、前に話した○○へ行ってきたよ!
やっぱり楽しかったよ〜。○○へは行ったことなかったかな?」

 

などと、簡単な質問をするのです。

 

これを質問形のない文章にすると

 

「今日、前に話した○○へ行ってきたよ。やっぱり楽しかったよ!△△くんも気に入るかなぁ」
という風に、相手ならどう感じるかを読み取ったか
のような文章にするのです。

 

すると、合ってても間違っていても
「そうなんだ。じゃあ検索してみようかな」

 

「へぇ。前に話してたまんまだったら、僕は少し苦手かも知れないなぁ」

 

と自分はどう思ってるかを返事しやすいのです。
すると男性の好みも少し垣間見れますよね。

 

 

草食系男子からのメール返信のタイミングは?

 

実際、草食系男子をメールやLINEをする際、
気をつけなければいけないのは先ほどの内容と同じく、
返信のタイミングを気にすることです。

 

男性は、2つ以上のことを同時に出来ないという性質があります。

 

女性からメールやLINEが来ても、他の作業
(仕事など)をしていると返信を後回しにする
ことが多いのです。

 

電話とは違い、すぐに返事をしなくてもいいのですから、
仕事関係ではないか、緊急ではないかを確認して、
そうでなければ、手の空いた時間でいいや、となるのです。

 

女性からすると
「見たんだったら、”了解”とか”仕事中だから後で返事するね”とか送ってくれてもいいじゃん」
と思いがちですよね。わかります?

 

 

でもそのメールを受け取った時間は、男性からすると
”女性とのメールの時間”ではないので、
返事を後回しにするのです。

 

そういう性質を理解しておく必要があります。

 

男性からの返信がないともやもやしたり、
イライラしたりしてしまいますよね?

 

女性と男性のメールに対する重要度がもともと違うので、
仕方ない感情なのですが、損です。

 

女性は男性からの返信はすぐではない!
と大らかな気持ちで心得ておきましょう。

スポンサーリンク

この記事はあなたの参考に参考にしていただけたでしょうか?


もし、お役にたったのであれば、4つの普段お使いになっているSNSで拡散をお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加